図解Windows11 22H2 基本機能とアプリ

WIndows11の基本機能とアプリを徹底図解♪

Windows11とWindows10をリモートデスクトップ接続で切り替えて使う

1台のパソコンで席を移動せずにWindows10PCとWindows11PCを操作する。

Windows11PCでWindows10PCを操作する手順です。

※まずはWindows10での操作です

f:id:Twogie-M:20220412111918p:plain
Windowsロゴキー + Iキーで→ 設定画面を開き → システム → 詳細情報 で

バイスを確認してメモ。
f:id:Twogie-M:20220412112518p:plain
Windowsロゴキー + Iキーで→ 設定画面を開き →システム → 

リモートデスクトップ → リモートデスクトップを有効にする をオンにします。

※ここからはWindows11での操作です。

Windowsロゴキー → 全てのアプリ→Windowsツール → 

リモートデスクトップ接続をクリック。

Windows10PCでメモをしたデバイス名を入力して接続ボタンをクリックします。

Windows10PCのパスワードを入力してOKをクリック。

このリモート コンピュータのIDを識別できません。接続しますか?

の表示が出ますが間違いなく自分のPCなのでOKをクリック。

Windows11PCのデスクトップ画面がWindows10PCのデスクトップ画面に

変わりました。

これでWindows11でWindows10を操作できるようになりました。

↑タスクバーにあるリモートデスクトップ接続アイコンで画面を切り替えられます。

Windows11の画面に戻した状態です。

この操作中はWindows10PCはロック画面になります。

※Windows10PCでWindowsロゴキー + Lキーを入力して

ピンコードを入力するとWindows10PCの操作ができるようになる代わりに

Windows11PCのリモートデスクトップ接続は切断されます。

Windows10PCのUSBキーボードが壊れてしまって、

Cキーを打てない状態になっています。

なのでWindows11Windows10を操作しようと思いこんな事を。

¥1,000で購入できるので買い替えます。

 

 

 

標準搭載されている無料版Office(Microsoft365)は削除しても問題ありませんよ!

Microsoft Storeで無料インストール出来るので必要なければアンインストールしても

問題ありません。

購入時にMS Office2019がインストールされているパソコンを使用しているので

無用ですから削除しました。

Windows10ではMS Officeと互換性の高いLibre Officeを使用。

Windows11ではMS Office2019を使用。

そんな感じです。

 

 

不要ソフトをPCから強制削除できるアプリ IObit Uninstaller

forest.watch.impress.co.jp

窓の杜によると

「通常の方法ではアンインストールできないソフトを削除できる強制アンインストール機能や、通常のアンインストールでは残ってしまうファイルやフォルダー、レジストリキーといった“ゴミ”を同時に削除できるパワフルスキャン機能を備える。」

と記述されているのでアンインストールが面倒なWindows標準搭載されている

Xbox Game Barもアンインストールできるのか?試したところ簡単に削除できました。

起動後にWindowsアプリWindowsアプリ(45)をクリック。

Windows標準搭載されているアプリはこれですべて探せます。

※ご使用のWindows11によってアプリの数は異なると思います。

Xbox Game Bar関連すべてにチェックを入れます。

これで削除できます。

本当に選択したWindowsアプリをアンインストールしますか?と聞かれます。

残存ファイルを自動で削除するにチェックを入れてアンインストールをクリック。

これでレジストリに残る無駄なファイルまで削除できます。

有料版の購入を促す通知が表示されないようにするには先に書いた記事

win10.hatenablog.com

↑こちらをご参照くださいね。

Adobe Illustrator級のパワフルでフリーなデザインツール Inkscape

多機能ドローアプリ Inkscape

コチラもMicrosoft Storeで入手できますよ👌

inkscape.org

上のリンクはInkscapeの公式サイトです。

概要

機能

学びをクリックしてチュートリアルをクリックすると

英語でチュートリアルが表示されますが、日本語翻訳を使えば問題ありません。

下へスクロールすると

オレンジ色で表示されている文字のリンクで様々なチュートリアル

参照できますよ。

英語表示ですがブラウザの翻訳機能を使用して日本語にすれば問題なし。

YouTubeで解説動画もたくさん探せます。

 

Adobe Photoshopにも負けない無料のフォトレタッチアプリGIMPをインストール

Microsoft Storeで入手出来ますよ😊

Windows11でも使えますよ👌

gimp 使い方 で検索すると解説している記事や動画をたくさん探せますよ。

 

Windows11の通知設定を変える手順

無料アプリをインストール後にPRO版の購入を促す通知が現れるようになったので

設定を変えようと思います。

Windowsロゴキー+Iキーを押して設定画面を開いて通知をクリック。

アプリやその他の送信者からの通知オフでも良いし、

プログラムごとにオフでも良いけど表示されてないので

アプリやその他の送信者からの通知オフを選択しました。

 

Amazonアプリストアを探せましたが...

さて、お使いのプロセッサではサポートされていませんの表示ですが...

インストール出来ません😒

とにかく要件を満たしていなければAndroidアプリは動かせない

という事ですね。