図解Windows11 22H2 基本機能とアプリ

WIndows11の基本機能とアプリを徹底図解♪

Windows11とWindows10をリモートデスクトップ接続で切り替えて使う

1台のパソコンで席を移動せずにWindows10PCとWindows11PCを操作する。

Windows11PCでWindows10PCを操作する手順です。

※まずはWindows10での操作です

f:id:Twogie-M:20220412111918p:plain
Windowsロゴキー + Iキーで→ 設定画面を開き → システム → 詳細情報 で

バイスを確認してメモ。
f:id:Twogie-M:20220412112518p:plain
Windowsロゴキー + Iキーで→ 設定画面を開き →システム → 

リモートデスクトップ → リモートデスクトップを有効にする をオンにします。

※ここからはWindows11での操作です。

Windowsロゴキー → 全てのアプリ→Windowsツール → 

リモートデスクトップ接続をクリック。

Windows10PCでメモをしたデバイス名を入力して接続ボタンをクリックします。

Windows10PCのパスワードを入力してOKをクリック。

このリモート コンピュータのIDを識別できません。接続しますか?

の表示が出ますが間違いなく自分のPCなのでOKをクリック。

Windows11PCのデスクトップ画面がWindows10PCのデスクトップ画面に

変わりました。

これでWindows11でWindows10を操作できるようになりました。

↑タスクバーにあるリモートデスクトップ接続アイコンで画面を切り替えられます。

Windows11の画面に戻した状態です。

この操作中はWindows10PCはロック画面になります。

※Windows10PCでWindowsロゴキー + Lキーを入力して

ピンコードを入力するとWindows10PCの操作ができるようになる代わりに

Windows11PCのリモートデスクトップ接続は切断されます。

Windows10PCのUSBキーボードが壊れてしまって、

Cキーを打てない状態になっています。

なのでWindows11Windows10を操作しようと思いこんな事を。

¥1,000で購入できるので買い替えます。